独MAN、クラクフ南部で定礎式

独エンジニアリング大手のMANは20日、ポーランド南部クラクフ東郊のニエポウォミツェ(Niepolomice)でトラックの組立工場の定礎式を行った。同国で3番目の商用車の生産拠点となる。 投資総額は9,000万ユーロで、来年半ばの稼動を見込む。大型トラックなどを手掛ける予定。中期的に…

関連国・地域: ドイツポーランド
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ユーロキャッシュ、小売り59店舗を閉鎖(07/23)

欧州委、ポーランドの司法改革巡り罰金も(07/22)

サンドビック、ポーランドのファナール買収(07/19)

日立など、ポーランドで送電事業の実証完了(07/12)

ポーランド野党、トゥスク氏復帰で支持上昇(07/09)

ユミコアのポーランド工場、再生エネ使用へ(07/09)

エネルギー各社、水素輸入に炭素税導入要請(07/09)

インポスト、食料品宅配サービスを試験導入(07/07)

トゥスク前EU大統領、ポーランド政界復帰(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン