【東欧特集】経済成長、高水準に

欧州連合(EU)の景気低迷が中東欧諸国の経済に与える影響は限定的になりそうだ。ウィーン国際経済比較研究所(WIIW)がこのほど発表した2004年の経済成長予測によると、中東欧諸国の平均国内総生産(GDP)成長率は3.6%と、EU圏を2%ほど上回る。 特にEU加盟候補国は、このところ…

関連国・地域: ポーランドチェコスロバキアスロベニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

LGケム、ポーランドにEV電池工場設置も(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

ポーランドGDP、第1四半期は4.6%拡大(05/17)

韓国LS電線、ポーランドに工場を開設(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

化学アゾテ、現代エンジが新施設建設(05/14)

南部マズィルの製油所、石油精製を再開(05/14)

製薬リヒター、第1四半期は51.8%増益(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン