【金曜企画】外資進出で欧州自動車産業の中心に

チェコが欧州における自動車産業の一大中心地に成長しつつある。熟練労働者が多く、賃金水準が低いことに加え、2004年の欧州連合(EU)加盟に青信号がともり、政治・経済体制の安定が望めることから、外国の自動車・パーツメーカーからの投資が引きも切らない。 自動車産業の年間総…

関連国・地域: チェコ
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、7%のデジタル課税法案を承認(11/20)

シュコダ、変速機の生産が300万基に到達(11/20)

プラハでバビシュ首相退陣求める大規模デモ(11/19)

チェコでビロード革命30周年の記念式典(11/19)

チェコGDP、第3四半期は2.5%増加(11/18)

デュコバニー原発、2029年に新原子炉着工か(11/15)

自動車部品業者、米関税引き上げで大打撃も(11/15)

触媒キャタラー、チェコ北部に工場建設へ(11/15)

チェコのインフレ率、10月は横ばいの2.7%(11/12)

チェコ失業率、10月は2.6%に改善(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン