10月のユーロ圏鉱工業生産、0.1%縮小

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは14日、10月のユーロ圏17カ国の鉱工業生産指数(季節調整済み)が前月比0.1%低下したと発表した。9月の改定値は2%の下落。欧州経済の先行きが危ぶまれる中、2カ月連続でマイナスとなった。

項目別では、エネルギーが0.9%減と最大の落ち込みを示した。中間財と耐久消費財はそれぞれ、0.8%、0.4%低下している。一方、資本財は1.2%、非耐久消費財は0.6%伸びた。

国別で最も大きく落ち込んだのはギリシャで、4.4%縮小。これにルクセンブルク(3.6%減)、スロベニア(2.3%減)が続く。逆に伸びが大きかったのはアイルランドで6.6%拡大。次いでエストニア(2.9%増)、マルタとスロバキア(共に0.9%増)となっている。

鉱工業生産はEU加盟27カ国全体では0.2%縮小。前年同月比ではユーロ圏、EU全体共に1.3%拡大している。


関連国・地域: EUアイルランドギリシャルクセンブルクマルタスロバキアスロベニアエストニア
関連業種: 経済一般・統計製造一般天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン