ユーロ圏インフレ率、3カ月連続で3%=改定値

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは15日、11月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(改定値)が前年同月比3%上昇したと発表した。速報値から変化がなく、過去3年で最高の水準を3カ月連続で維持している。

伸びが目立つのは運輸関連と住宅関連で、それぞれ5.4%、5.3%上昇。アルコール飲料・たばこも4.3%値上がりした。逆に通信関連は1.7%下がっている。価格変動が激しいエネルギーと生鮮食品を除いたコアインフレ率は2%だった。

国別でインフレ率が一番低いのはマルタとアイルランドで、それぞれ1.5%、1.7%。一方、スロバキアは4.8%と17カ国中で伸びが最大だった。主要国ではドイツとフランスがそれぞれ2.8%、2.7%上昇している。

EU27カ国のインフレ率は前年同月比3.4%で、10月から伸びが横ばい。英国は5%から4.8%に減速している。

欧州中央銀行(ECB)はこの日に発表した月次報告の中で、今後の経済見通しについて「金融市場の緊張がユーロ圏の経済活動に悪影響を及ぼし続けていることから、不透明感が強く下振れリスクは大きい」と述べ、こうした環境では物価圧力は弱いと指摘。「インフレ率は向こう数カ月は2%を超える水準で推移するが、その後は2%を割り込むだろう」と述べている。ECBは今月にユーロ圏の政策金利を2カ月連続で0.25ポイント引き下げ、過去最低の1%としている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドマルタスロバキア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信食品・飲料天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

【今週の主な予定】7月23~27日(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

オランダとトルコ、国交正常化で合意(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン