LVMH、エルメスへの出資比率引き上げ

高級ブランドグループのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、競合のエルメス・インターナショナルへの出資比率を21.4%から22.3%に引き上げた。議決権比率は16%に達している。フランス市場監督局(AMF)の発表としてロイター通信が20日伝えた。

LVMHは昨年10月にエルメスへの出資比率が17%に達したと発表。以後も徐々に出資を拡大してきた。同社は状況や市場環境に応じ、今後もエルメス株の買い増しを続ける方針。ただ出資比率を50%以上に引き上げたり、買収案を提示する意図はないとしている。

一方、エルメスの創業者一族は今月、買収防衛策として新たな持ち株会社を設立。一族で分割保有するエルメス株式70%余りのうち、合わせて50.2%を新会社に移管している。


関連国・地域: フランス
関連業種: アパレル・繊維製造一般商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

エミレーツ航空、フランス便を8月から増便(07/20)

エアバス、印新興企業3社と事業提携(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン