• 印刷する

LVMH、エルメスへの出資比率引き上げ

高級ブランドグループのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、競合のエルメス・インターナショナルへの出資比率を21.4%から22.3%に引き上げた。議決権比率は16%に達している。フランス市場監督局(AMF)の発表としてロイター通信が20日伝えた。

LVMHは昨年10月にエルメスへの出資比率が17%に達したと発表。以後も徐々に出資を拡大してきた。同社は状況や市場環境に応じ、今後もエルメス株の買い増しを続ける方針。ただ出資比率を50%以上に引き上げたり、買収案を提示する意図はないとしている。

一方、エルメスの創業者一族は今月、買収防衛策として新たな持ち株会社を設立。一族で分割保有するエルメス株式70%余りのうち、合わせて50.2%を新会社に移管している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

エアバスとルノー、バッテリー開発で提携(12/01)

チェコ新原子炉、仏EDFなど3社が応札(12/01)

チーズのベル、印食品ブリタニアと合弁設立(12/01)

マクロン大統領が訪米=12月1日に首脳会談(11/30)

露政府、仏ルノー金融子会社の売却を承認(11/30)

政府、新原発「サイズウェルC」に50%出資(11/30)

フランス電力、22億ユーロの追加融資確保(11/30)

トタル、ポリマー工場に再生PPライン新設(11/30)

カジノ再エネ子会社、越電力会社の株式取得(11/29)

コーヒーの伊ラバッツァ、仏同業に買収提案(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン