ECB融資に銀行が殺到、過去最高の融資額

欧州中央銀行(ECB)は21日、ユーロ圏内の銀行を対象とした期間3年の低利融資を実施し、500以上の銀行に合計4,890億ユーロを貸し付けた。1回の資金供給量としてはリーマンショック後の2009年に実施した4,500億ユーロを超えて過去最高。

ECBが期間3年の長期融資を実行するのは初めてで、ユーロ財政危機に直面する銀行の資金繰りを助けるのが目的。ECBは当初4,500億ユーロ程度を想定していたが、それを上回る申し込みがあった。

フランスのサルコジ大統領は、銀行が今回の供給資金を利用して危機に陥ったユーロ圏加盟国の国債を買い支えることを提案したが、銀行が政治家の思惑通り国債買いに資金を振り向けるかどうかは不透明だ。自社の社債の償還やバランスシートの改善に使われるとの見方も多い。


関連国・地域: フランスEU
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

EU、豪・NZとFTA交渉 工業製品やサービスの輸出拡大へ(05/23)

米国、イランに12項目要求=EUに同調要請(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

フィンランド中銀、レーン副総裁が新総裁に(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン