ポーランド、シェールガス生産への課税を検討

ポーランド政府は、シェール(頁岩)ガス生産への課税を検討している。国内では石油精製・石化大手PKNオルレンがカナダの天然ガス最大手エンカナ(Encana)と戦略的提携を結ぶなど外国企業の参入が相次いでおり、商業生産の本格化に備え、法整備を進める。現地紙ポルスカ・タイ…

関連国・地域: 英国ノルウェーポーランド米国カナダ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドGDP、第1四半期は4.6%拡大(05/17)

韓国LS電線、ポーランドに工場を開設(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

化学アゾテ、現代エンジが新施設建設(05/14)

南部マズィルの製油所、石油精製を再開(05/14)

製薬リヒター、第1四半期は51.8%増益(05/13)

PSA、ポーランド工場で大型バン生産へ(05/13)

チェコのeコマース、外国展開で中東欧首位(05/10)

米アマゾン、ポーランド従業員が賃上げ要求(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン