• 印刷する

仏、ウクライナに戦闘機供与=米も追加支援

フランスのマクロン大統領は7日、ウクライナのゼレンスキー大統領とパリで会談し、仏軍用機大手ダッソー・アビアシオン製の戦闘機「ミラージュ2000―5」を供与すると約束した。ゼレンスキー氏はこの日、パリでバイデン米大統領とも会談。バイデン氏はウクライナへの追加資金援助を打ち出した。

マクロン氏は、今夏からフランス国内でミラージュのパイロット訓練を開始し、年内にはウクライナ軍での運用が可能になると説明している。4,500人規模のウクライナ旅団に装備を提供し、訓練を施す方針も明らかにした。

バイデン氏はゼレンスキー氏との会談で、ウクライナの電力網再建に向け2億2,500万ドルの追加支援を約束した。また、米共和党の一部議員の反対により、ウクライナへの600億ドル超の軍事支援が滞ったことについて、ゼレンスキー氏に謝罪した。

ゼレンスキー氏は、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦決行日「Dデー」から80年を記念する式典に出席するため、6日からフランスを訪問しており、7日には国民議会(下院)で演説した。

ゼレンスキー氏はこの演説で、ノルマンディー上陸作戦がフランスのナチスからの解放につながったことを引き合いに出し、「これがなければ、ウクライナもフランスも存在しなかった」と強調した。「15~16日にスイスで開かれるウクライナ和平会議は、われわれのDデーとなる」と訴え、各国にウクライナ支援を要請した。

米国による軍事支援の遅れもあり、ウクライナ軍はここ数カ月、ロシア軍に対し劣勢に立たされている。


関連国・地域: フランスロシアウクライナ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏選挙、極右勝利なら再生エネ開発に打撃(06/14)

AIミストラル、6億ユーロ調達(06/13)

ゲームのブードゥー、人気SNSアプリ買収(06/13)

アトス、ワールドグリッド部門売却で協議(06/13)

仏、フィリピンと協定締結=ODA可能に(06/13)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

総選挙、極右勝利も過半数割れか=世論調査(06/12)

ITアトス、主要株主提出の救済案を採用(06/12)

レミーコアントロー、通期は29.1%減益(06/12)

仏アトランティック、タイで給湯器販売開始(06/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン