【中東欧ダイアローグ】中国系EVメーカーの進出が相次ぐハンガリー

■2020年代に入り進出が相次ぐ 欧州連合(EU)は、中国製の廉価な電気自動車(EV)が域内の市場を席巻することへの警戒感を強めている。EUの執行部局である欧州委員会は、中国政府が自国のEVメーカーに対して多額の補助金を給付し、不当に価格を引き下げている恐れが大き…

関連国・地域: EUハンガリーアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の結果とEU運営の行方 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第59回(06/21)

EU、露産LNGに初制裁 域内港で第三国向け積み替え禁止(06/21)

欧州委のEV調査、「前例ない」要求=中国(06/21)

エアバス、印社とヘリ組立施設の設置先検討(06/21)

欧州委、来年度予算案を発表=1997億ユーロ(06/21)

欧州新車登録台数、5月は2.6%減(06/21)

世界のエネルギー由来排出量、過去最高に(06/21)

CO2以外のEU排出報告、長距離便は除外(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン