マレーシア政府、ロシアと租税協定調印

マレーシア政府とロシア政府は租税協定(DTA)に調印した。ロシア財務省の17日付発表によると、両国は2025年1月1日の発効を目指し、年内に協定を批准する予定だ。ロイター通信が伝えた。 ロシアは昨年、ウクライナ侵攻を理由に制裁を科した国・地域を「非友好国・地域」と位…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

石油市場、30年に大幅な供給過剰に=IEA(06/14)

G7、露凍結資産活用で合意へ=新制裁も(06/13)

インドネシア、露主導のFTA交渉妥結へ(06/12)

ボタシュ、ガスプロムとガス販売の合弁設立(06/12)

露中銀、16%に金利据え置き=4会合連続(06/11)

G7、露支援の中国銀行に警告も=首脳会議(06/11)

プーチン大統領、近く北朝鮮とベトナム訪問(06/11)

ブルガリア、縦断ガス回廊で工事発注(06/10)

ロシア、2大都市間の高速鉄道計画を承認(06/10)

仏、ウクライナに戦闘機供与=米も追加支援(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン