「チューズ・フランス」、過去最高額を誘致

フランスのマクロン大統領は、パリ郊外のベルサイユ宮殿で13日に開催された対内海外直接投資(FDI)を促進する会議「チューズ・フランス」で、過去最高となる150億ユーロの対仏投資を誘致したと明らかにした。地域創生や雇用拡大につながると胸を張っている。 7回目となる今回…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

仏領ニューカレドニア、ニッケル産業が苦戦(05/21)

スタットクラフト、仏ネオエンの事業買収(05/21)

航空サウディア、エアバスに105機発注(05/21)

村田製作所、RFIDタグで仏社と特許契約(05/21)

パスカル、サウジで量子コンピューター導入(05/21)

化粧品セフォラ、豪で労組と合意せず協定(05/21)

シトロエン、インドネシアでEV税制優遇(05/21)

日立エナジー、洋上風力発電の変換所建設へ(05/20)

失業率、第1四半期は横ばいの7.3%(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン