• 印刷する

自動運転ウェイブが資金調達 ソフトバンク主導で約11億ドル

人工知能(AI)を用いた自動運転システムを手がける英国の新興企業ウェイブ(Wayve)は7日、シリーズCの資金調達で10億5,000万ドルを調達したと発表した。ソフトバンクが主導し、米半導体大手エヌビディアが新たに出資者に加わったほか、既存の出資者では米マイクロソフトが追加で資金を提供している。

今回の調達額は英国のAI企業としては過去最大で、これまでの総額では13億ドルを超えた。また、ソフトバンクはウェイブの取締役会に加わっている。

ウェイブはケンブリッジ大学の大学院生2人が2017年に設立。AIを使って、位置情報や路面データに従うだけでなく、運転手や歩行者の動き、外的要因などによって引き起こされる予測が難しい事態にも対応できる自動運転システムのプラットフォームを開発する。

ロイター通信によると、ウェイブの技術は現在、6種類のプラットフォームで採用されており、英高級車メーカーのJLR(旧ジャガー・ランドローバー)の「I-PACE」や米フォードの「マスタングマッハE」の先進運転支援システム(ADAS)にも搭載されている。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン