• 印刷する

ユーロ圏経済、0.8%成長か 金融引き締め影響で低調=IMF

国際通貨基金(IMF)は16日に発表した世界経済見通しで、ユーロ圏20カ国の今年の域内総生産(GDP)が前年比0.8%拡大するとの見方を示した。1月の前回予測から0.1ポイント下方修正。金融引き締め政策などの影響で、回復は非常に低い水準でとどまると予想している。

ユーロ圏主要国の今年の成長率予測を見ると、ドイツが0.2%と前回予測から0.3ポイント引き下げた。フランスも同様に0.3ポイント下方修正し、0.7%と予想した。一方で、スペインは1.9%と0.4ポイント引き上げた。

来年のユーロ圏の成長率見通しは1.5%と前回予想から0.2ポイント引き下げている。

英国については、今年のGDP成長率見通しは0.5%と前回予想から0.1ポイント下方修正。来年についても0.1ポイント引き下げ1.5%としている。

世界経済の今年の成長率については、3.2%になると予想。前回予測から0.1ポイント上方修正した。来年も3.2%になるとしている。

IMFは、中東をはじめとする地域情勢の悪化により、食品・エネルギー価格が上昇するリスクがあると指摘。政府財政の拡大や景気回復に向けた措置を優先するよう、各国の政策立案者に呼びかけた。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン