風力タービンブレード落下=オスロ近郊

ノルウェーの首都オスロ近郊のオダル(odal)風力発電所で10日、タービンブレードが落下した。経済紙ハンデルスブラットによると、ブレードはドイツのエネルギー企業シーメンス・エナジーの風力発電部門、シーメンスガメサ製で、長さ72メートル、重さ22トン。事故によるけが人はい…

関連国・地域: ドイツノルウェー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェー、ロシア人観光客の入国原則禁止(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

パナソニック、EVトラックにLIB初供給(05/21)

ノルウェー年金基金、印港湾社を投資対象外(05/21)

スタットクラフト、仏ネオエンの事業買収(05/21)

肥料ヤラ、印社とアンモニア調達で合意(05/20)

エクイノール、米リチウム開発の権益取得(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン