ロシア経済、年始から加速=制裁影響が緩和

ロシア中央銀行は1日、国内経済が今年初めから堅調に推移しているとの見方を示した。昨年末には鈍化の兆候が見られたが、旺盛な消費需要や投資と輸出の伸びを背景に、成長が加速しているという。ウクライナ侵攻などに関連する欧米諸国の制裁の影響は徐々に薄れているようだ。 中…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

街頭取材応じた男性に強制労働5年=露(04/24)

露ITソフトライン、カザフスタン市場参入(04/24)

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

独最大野党、露産農産物の完全禁輸を提案(04/24)

米下院、ウクライナ支援案を可決=上院へ(04/23)

世界の軍事支出、23年は過去最高(04/23)

ハノーバー・メッセが開幕 独首相「AIで成長加速する」(04/23)

ノリリスク・ニッケル、中国に銅工場(04/23)

建材クナウフ、露から完全撤退決定(04/23)

EU、露産LNG輸入は「当面必要」(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン