• 印刷する

エニの英事業買収へ独占交渉 イサカ、北海最大級の石油会社に

北海で石油・ガス開発を手がける英国のイサカ(Ithaca)・エナジーは27日、イタリア石油大手エニの英国上流事業の買収に向けた独占交渉を開始したと発表した。取引が実現すれば、イサカは北海で事業を展開する独立系石油・ガス会社としては最大規模となる。

独占交渉の期間は4週間。買収対象の事業には、エニが昨年6月に49億ドルで買収した英国の同業ネプチューン・エナジーも含まれ、生産量は石油換算で日量計4万~4万5,000バレル。これらの事業を買収すれば、イサカの生産量は日量10万バレル超に達する。

エニは対価として、イサカが発行する新株を受け取る。これにより、エニは新生イサカの株式38~39%を保有することになる。

北海で石油・ガス開発を手がける各社は、新規油田への投資資金に加え、老朽化したガス・油田の廃止コストを確保する必要性に迫られているほか、2022年5月からは25%の超過利潤税も課されている。

英政府は先に、超過利潤税を1年延長し、29年3月まで課税する方針を打ち出した。こうした中、北海では今後も各社の事業統合が続く可能性もある。

なお、イサカがこの日に発表した23年12月期決算は、純利益が2億1,560万ドルとなり、前期の10億3,000万ドルから大幅に縮小した。同社は22年にロンドン証券取引所(LSE)への上場を果たしたが、株価はその後に約42%下落。1月にはアラン・ブルース最高経営責任者(CEO)が辞任し、イエン・ルイス最高財務責任者(CFO)が暫定CEOを兼任している。


関連国・地域: 英国イタリア
関連業種: 金融天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン