• 印刷する

石油BP、イスラエル社の買収協議を停止

イスラエルのエネルギー企業デレク(Delek)・グループ傘下の石油・ガス探査会社ニューメッド・エナジー(NewMed Energy、旧デレク・ドリリング)は13日、英国の石油大手BPとアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)による買収提案について、協議を一時中断すると明らかにした。地政学的不安が理由としている。

ニューメッドは株主向けの声明で、「不透明な外部環境を受け、この取引に関する協議を中断することで合意した」と発表。ADNOCとBPによるコンソーシアムは依然として買収に関心を示しているが、将来的に協議が再開されるかどうかなどは不明だという。取引に進展があった場合は適宜報告するとしている。

BPとADNOCは昨年3月、ニューメッドの株式50%取得に向けて合弁会社を設立。買収額は20億ドル規模で、実現すれば同社を非公開化し、石油・ガス開発事業などで協力する方針を掲げていた。ただ、昨年10月7日以降のガザ紛争と周辺地域への影響拡大を受け、協議は膠着(こうちゃく)状態にあった。

ニューメッドは、東地中海の巨大ガス田「リバイアサン(Leviathan)」の権益45.34%を保有する。同ガス田は2019年末に商業生産を開始し、年産量は120億立方メートルを誇る。


関連国・地域: 英国中東
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン