• 印刷する

英政府、火力発電所新設へ 脱炭素化計画とは逆行

英国政府は12日、二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)機能を持たないガス火力発電所について、新規の建設を2030年代まで認める方針を明らかにした。天候に左右される再生可能エネルギー発電を補完し、電力の安定供給を確保する狙いだが、2035年までに電力分野を脱炭素化する計画には逆行する形となる。

現行法では、新たに建設されるガス火力発電所について、CCS設備を付設することや、将来的な水素燃料への切り替えに対応することを義務付けている。政府はこれを改正し、こうした措置を施さない火力発電所も新設を許可する計画だ。

スナク首相は日刊紙デーリー・テレグラフへの寄稿で、「電力需要は拡大しており、これを再生エネルギー発電だけで賄えるようになるまでには時間がかかる」と強調。「クリーンエネルギーへの移行に当たっては現実的な視点を持つべき」と訴えている。

英国は、50年までに炭素排出量を実質ゼロ化する目標を掲げている。しかし、スナク首相はかねて、物価高にあえぐ国民の負担を軽減するため、グリーン政策の見直しを進める方針を示してきた。23年9月には、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を30年までに禁止する計画を35年まで先送りしたほか、今年2月にはヒートポンプの生産目標を再検討する考えも明らかにした。

なお、英国では年内に総選挙が予定されている。支持率で与党・保守党を大きく上回る最大野党・労働党は、30年までに電力を脱炭素化する計画を打ち出している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン