• 印刷する

郵船ロジ、英国に500億円投資 大型物流センター開設へ

郵船ロジスティクスは1日、2025年に英国で、自動倉庫システムなどを導入した大型ロジスティクスセンターを開設すると発表した。投資総額は過去最大の約500億円で、同国でのコントラクト・ロジスティクス事業を強化する狙い。同社は発表に先立ち、英商業不動産SEGROグループと15年間の賃貸借契約に合意した。

施設全景イメージ(郵船ロジスティクス提供)

施設全景イメージ(郵船ロジスティクス提供)

建設地はイングランド中部ノーサンプトン。敷地面積は同社の施設としては最大規模となる11万平方メートルで、日用品や大型家電など幅広い貨物を取り扱う。温度管理した医薬品専用スペースも配置する。

自律走行搬送ロボットや、パレット立体自動倉庫機能など最新の自動倉庫システムを導入することで、時間を問わず正確で安定したオペレーションを実現させる。屋根には太陽光発電パネルを設置するなど、環境にも配慮した施設となる。

同社は24年内にも、ベルギー南部ナミュール州に自動倉庫システムを導入した医薬品専用の物流拠点を新設する予定。欧州で物流サービスの拡大を加速させている。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン