発電能力の拡大遅延、エネ安保危機も

新たな発電能力の構築が遅れれば、英国のエネルギー安全保障は2028年までに危機的状況に直面する――。公共政策関連の調査会社パブリック・ファーストが27日、発電大手ドラックス・グループの委託でまとめたリポートで、こう警鐘を鳴らしている。 調査によると、冬の夜といったピ…

関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

カナリア諸島、オーバーツーリズムに抗議(04/23)

鉄道16社、5月7~9日スト 時間外勤務も拒否=3連休に影響(04/23)

英たばこBAT、ハンガリーで生産拡大(04/23)

飲料ビタミン・ウェル、英投資社が売却検討(04/23)

オーカーバイオ、独ベーリンガーと提携(04/23)

日揮、低・脱炭素化焦点の英ファンドに出資(04/23)

食品配達ゲティル、欧州3カ国から撤退か(04/23)

住宅設備タイマン、米クアネックスが買収(04/23)

BA、ロンドン―アブダビ路線の運航再開(04/23)

ロータス、バンコクに旗艦店開設(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン