• 印刷する

ルフトハンザ、20日再びスト フランクフルトなど7空港

ドイツの統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)は18日、ルフトハンザ航空の地上職員2万5,000人が、20日午前4時(現地時間)からストライキを行うと発表した。フランクフルト空港など国内7空港が対象となり、大きな混乱が予想される。賃上げ交渉が再び決裂したためで、2月に入り2度目の大規模ストに踏み切る。

ストは、20日午前4時~翌21日午前7時10分にかけて行われる。国内最大のフランクフルト空港のほか、ミュンヘン空港、ハンブルク空港、ベルリン空港、デュッセルドルフ空港、ケルン空港、シュツットガルト空港が対象。最大で9割のフライトに影響する見込みで、ルフトハンザは予約者に対し、フライトが欠航となっていない場合のみ空港に向かうよう呼びかけている。

ヴェルディはかねて、インフレ上昇や人手不足による業務量の増加を理由に、12.5%の賃上げや3,000ユーロの一時金支払いなどを要求している。12日にルフトハンザと3回目の賃上げ交渉を実施したが、双方の溝は埋まらず、再びストを行うことを決めた。

ヴェルディにはルフトハンザに加え、航空機整備を手がけるルフトハンザ・テクニック(Technik)、貨物部門ルフトハンザ・カーゴの従業員が加入している。2月上旬に実施されたストでは、国内主要5空港で900便が欠航、約10万人に影響が及んだ。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

独企業の半数「産業空洞化の流れ止まらず」(06/19)

中国製EV輸入台数、15.7%減少=1~4月(06/19)

ポルシェSE、自動運転AIに投資=カナダ(06/19)

太陽光発電設備容量、1~4月に35%増加(06/19)

北ドイツ銀、航空機融資事業から撤退(06/19)

ボイラーのフィスマン、部品ECに出資(06/19)

独景気期待指数、6月は0.4ポイント上昇(06/19)

ジール・アベッグ、ベトナム南部工場が開所(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン