• 印刷する

独工場の人員削減で合意 フォードと労組、来年に約3500人

米国の自動車大手フォード・モーターは、ドイツ南西部ザールルイ(Saarlouis)工場で来年に約3,500人を削減することで、同国最大の労働組合である金属産業労組IGメタルと合意した。IGメタルが7日に明らかにした。

人員削減は、来年予定される小型車「フォーカス」の生産終了後に実施される。今回合意した労働協約では、同モデルの生産終了後も約1,000人の雇用を維持し、2032年まで強制的な解雇は行わないことになっている。従業員は、十分な資金が用意された退職プログラムで早期退職できるほか、転職の際にも資金が提供される。

IGメタルは、22日にこの協約の受け入れの是非について組合員による投票を実施し、過半数が支持すれば29日に協約が発効する。

フォードは欧州で電気自動車(EV)と小型商用車に集中する計画だが、EVの生産拠点はドイツではなくスペイン東部バレンシア州のアルムサフェス(Almussafes)工場とすることを決めた。ザールルイ工場については、昨年6月に匿名の投資家と暫定的な売却契約を締結したものの、10月に交渉は決裂していた。[労務]


関連国・地域: ドイツスペイン米国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

連立政権への不満、過去最高 前倒し総選挙「賛成」5割=調査(06/14)

スペインの風力発電、30年目標達成に暗雲(06/14)

独ショット、ハンガリーに注射器工場(06/14)

ピストリウス国防相、徴兵制復活計画を発表(06/14)

「エルブタワー」、建設継続に3者が名乗り(06/14)

自動車部品ボッシュ、一部事業の上場検討(06/14)

シーメンス・エナジー、風力で中国社に対抗(06/14)

VWやいすゞ、南アの貨物鉄道再開を協議(06/14)

光学機器カールツァイス、台湾新拠点開設へ(06/14)

シルトロニック、シンガポールで工場開所式(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン