マースクCEO「紅海問題は数カ月続く」

紅海でイエメンの親イラン武装組織フーシ派による商船への攻撃が相次いでいる問題を巡り、デンマークの海運大手APモラー・マースクのビンセント・クラーク最高経営責任者(CEO)は17日、この影響が少なくとも向こう数カ月は続くとの見方を示した。ロイター通信が伝えた。 ク…

関連国・地域: ドイツEUデンマーク中東
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

ノボノルディスク、ブランド力で国内2位(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

海運APM、中国社に港湾設備47台発注(06/14)

デンマーク、韓国即席麺を回収=「辛すぎ」(06/14)

べスタス、スコットランドに製造拠点設置へ(06/14)

デンマーク首相「外出控える」=襲撃受け(06/12)

高級NEVの嵐図汽車、スペインに販売拠点(06/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン