• 印刷する

次世代核燃料の国内生産支援 英、3億ポンド投資=露依存脱却

英政府は7日、次世代の小型モジュール炉(SMR)の燃料となる高純度低濃縮ウラン(HALEU)の国内生産の支援に3億ポンドを投じると発表した。HALEUは現在は大半がロシアから供給されており、この分野でロシアへの依存から脱却することを目指す。

最初の生産施設は、2030年代初めにイングランド北西部で稼働させる方針。同地域の核燃料生産拠点を強化していく計画で、この他の先進的な核燃料の生産技術や施設の開発にさらに1,000万ポンドを提供する。

エネルギー安全保障・ネットゼロ省は、「HALEUプログラムの開始により、英国は先進的な核燃料を世界に供給していく」と述べている。

HALEUは従来型の原子力発電所で使われる核燃料に比べてウラン濃縮度が高い特殊な燃料で、これまではロシア国営の原子力企業ロスアトムの系列企業だけが販売していたが、昨年には米国で生産が始まった。

英政府は、50年までに原子力発電所の発電容量を最大で24ギガワットに引き上げ、国内電力の25%を原発で賄う目標を掲げる。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国EUロシア米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン