• 印刷する

ルーマニアとブルガリア、シェンゲン入りへ

欧州連合(EU)理事会は2023年12月30日、ルーマニアおよびブルガリアに対し、シェンゲン圏との空路・海路の国境検査を撤廃することを承認した。今年3月31日から適用する。シェンゲン圏の拡大に反対していたオーストリアが容認に転じたことを受けたもので、今後は陸路の国境検査の撤廃に向けた協議を続ける。

ルーマニアとブルガリアは07年のEU加盟後、10年以上にわたりシェンゲン協定への加盟を求めてきた。だが、両国の汚職や組織犯罪、国境管理に対する取り組みが不十分だとして一部加盟国がこれに反対。オーストリアは、両国の加盟による移民の流入を懸念している。

シェンゲン協定は、圏内で国境を越えた移動の自由を認めるもの。現在は、ルーマニアとブルガリア、アイルランド、キプロスを除くEU加盟国23カ国に、ノルウェーとスイス、アイスランド、リヒテンシュタインを加えた欧州27カ国が加盟する。

EU理事会は22年、23年からクロアチアがシェンゲン協定に加盟することを承認。だが、ルーマニアとブルガリアの加盟はオーストリアなどの反対で拒否された。[EU規制]


関連国・地域: EUルーマニアブルガリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン