• 印刷する

日産と三菱自、ルノーEV事業への出資確約

日産自動車と三菱自動車は6日、アライアンスを組むフランスの自動車大手ルノーの電気自動車(EV)・ソフトウエア子会社アンペア(Ampere)に、予定通りそれぞれ最大6億ユーロ、2億ユーロを出資すると確約した。欧州市場向けのEV開発に同子会社を活用するとしている。

日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の共同記者会見で、日産はアンペアの「戦略的投資家」になると強調した。欧州向け小型車「マイクラ(Micra)」のEV版は、アンペアが開発・製造するとした上で、同社のソフトウエアやコネクティビティー技術を欧州以外の市場で利用する可能性も示唆。「世界中で単独でEVを開発するのは極めて困難」との考えを示した。

ルノーのルカ・デメオCEOは、日産はアンペアを活用することにより、「マイクラ」のコストを50%削減できるとの見通しを示している。

日産は7月にルノーとの資本関係対等化で正式に合意した際に、アンペアに最大6億ユーロを出資すると発表。三菱も10月に最大2億ユーロを出資するとしていた。アンペアは11月にルノーから分離・独立。来年に新規株式公開(IPO)を予定している。[日本企業の動向]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州航空・鉄道論】メトロ運賃が倍? 五輪中のパリ、人流対策が課題(07/12)

マクロン氏、各政党に多数派形成を呼びかけ(07/12)

フランス、再生エネ目標案を提出=欧州委に(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

アルストム、独で列車受注=最大28億ユーロ(07/12)

ロレアル、イソップ販売強化へ=豪・NZ(07/11)

ハンガリー政府、ブダペスト空港拡張を計画(07/11)

新型ロケット「アリアン6」打ち上げ成功(07/11)

鉱業エラメット、インドネシアへ投資模索(07/11)

NATO首脳会議がワシントンで開幕(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン