在宅勤務の柔軟性、ロンドンがパリ上回る

ロンドンの在宅勤務の柔軟性はパリよりも高い――。ブルームバーグが28日、こうした調査結果を発表した。パリでは在宅勤務を許可されていない労働者が20%を占めるのに対し、ロンドンでは4%にとどまる。ロンドンは交通費が高いことから在宅勤務を望む人が多く、ハイブリッド勤務…

関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

<特別寄稿>緊迫する紅海情勢(02/23)

ハンガリーの農薬使用、EU平均下回る(02/23)

ユーロ圏総合PMI、過去8カ月で最高(02/23)

欧州エネルギー安保に新リスク(02/23)

国連海事トップ、迂回で拿捕懸念=紅海問題(02/23)

欧州の風力発電、老朽化への対応が急務に(02/23)

欧州人工衛星、29年ぶりに地球に帰還(02/23)

【ウイークリー統計】第158回 農地価格、EU域内で大きな格差(02/22)

ベルギー、EUエネルギー課税改正採択企図(02/22)

欧州委、携帯2社のスペイン事業統合を承認(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン