• 印刷する

シーメンス、米MSと提携 生成AI構築=産業の生産性向上

ドイツの総合電機大手シーメンスは10月31日、米マイクロソフト(MS)と提携し、人工知能(AI)を活用して生産性を向上させるプロジェクトを発表した。製造業やインフラ関連、運輸業、ヘルスケア産業向けに、生成AIを構築することを目指す。

両社は手始めに、AIを搭載した生成アシスタント「シーメンス産業コパイロット」により、製造業における人間と機械のコラボレーションを強化する。これにより、顧客は複雑な産業用オートメーションシステムのコードを迅速に生成、最適化、修正でき、工場などでのシミュレーション時間を大幅に短縮することが可能だ。これまで数週間かかっていた作業を数分で処理することもできるという。自動車用の軸受けなどを手がけるドイツのシェフラー(Schaeffler)は、これをいち早く採用している。

また両社は、シーメンスの製品ライフサイクル管理ソフト「シーメンス・チームセンター(Teamcenter)」とMSのメッセージング・ビデオ会議アプリ「チームズ(Teams)」を統合した「チームセンター・フォー・マイクロソフト・チームズ」を12月から提供する。これにより、設計エンジニアと現場作業員、その他のチームなどの仮想コラボレーションが簡素化される。

シーメンスのローランド・ブッシュ最高経営責任者(CEO)は、「生成AIは企業の設計、開発、製造、運用の方法を変革する可能性を秘めている」と指摘。これを活用することで、コード開発を加速し、熟練労働者の不足にも対応できると述べている。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

独ロボット産業、中国との競争に直面(06/18)

労組IGメタル、7%の賃上げ要求を勧告(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

アディダス、中国幹部に収賄疑惑=調査開始(06/18)

ドイツ銀、投資銀部門で採用加速(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

タイ流通セントラル、独百貨店の運営継承(06/18)

eVTOLリリウム、中国に子会社設立(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン