• 印刷する

ウェールズでガス火力発電所の建設計画

ウェールズ南西部ペンブルックシャー州で、新たなガス火力発電所の建設が検討されている。BBC電子版が22日報じた。

それによると、米石油メジャーのエクソンモービル、仏トタル、カタール・ペトロリアムはミルフォード・ヘブン近くにある液化天然ガス(LNG)ターミナル「サウス・フック」に隣接する場所に出力50万キロワットの熱電併給(CHP)プラントの設置を計画している。ペンブルックシャー海岸国立公園付近に建設する案も出ており、管轄当局との交渉が行われているという。

計画の許可申請は来年初めに提出される見通し。ペンブルックシャー州では現在、独エネルギー2位RWEの英子会社エヌパワーが出力200万キロワットのガス火力発電所の建設を進めている。


関連国・地域: 英国ドイツフランス米国中東
関連業種: 建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

資源BHP、19億ドル分の負債解消(10/26)

EU、独議会へのサイバー攻撃でロシアに制裁(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

英、雇用支援策を再修正 対象地域と支援内容を拡大(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン