独国民の6割、政府の移民政策に不安

ドイツ国民の6割近くが、移民問題への対応で政府に過剰な負担がかかることを懸念している――。保険会社R+Vインシュアランスの調査を元に、ロイター通信が12日伝えた。調査元は結果について「東ドイツだけでなく、国全体に移民問題への懸念が共有された」と分析した。 調査は…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

VW、スペインでバッテリー生産も需要低迷(02/23)

メルセデス、通期は4%減益 コスト増で=EV見通し引き下げ(02/23)

VW、内燃車製造を1カ月停止=北西部工場(02/23)

VWとBMW、米で相次ぎリコール(02/23)

独国営ガス会社、水素転換に5億ユーロ投資(02/23)

欧州の風力発電、老朽化への対応が急務に(02/23)

労組、鉄鋼ティッセンのリストラ計画警戒(02/23)

DBシェンカー、中東投資家が買収の可能性(02/23)

日立エナジー、独で変圧器製造施設を拡張(02/23)

D・ヒーロー、東南ア事業売却の交渉断念(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン