• 印刷する

そーせい、英社と創薬協力拡大

バイオ医薬品のそーせいグループ(東京都千代田区)は10日、英国の同業ファームイネーブル(PharmEnable)と提携を拡大したと発表した。両社のプラットフォーム技術を融合し、神経疾患をターゲットとした2番目の新規リード化合物創出に取り組む。

両社は今後、創薬とその後の開発を共同で実施・費用負担する。そーせいグループの構造ベース創薬(SBDD)プラットフォームと、人工知能(AI)・医薬品化学に基づくファームイネーブル独自の先進テクノロジー「chemUNIVERSE」を融合。これにより、非常に特異性の高い新規リード化合物を特定し、開発を進めることが可能になるという。

両社は2021年1月に技術提携を締結。互いの技術を補完することで、新規の結合様式とケモタイプ(化学種)を持つ有望な低分子化合物を同定することに成功し、これを受けて提携拡大に至ったと説明している。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン