• 印刷する

ルノーなど3社、新合弁設立 電動バン開発=26年に生産開始

フランスの自動車大手ルノーとトラックで欧州最大手のボルボ(スウェーデン)、フランスの海運大手CMA—CGMの3社は6日、新型電気バンを共同開発することで合意した。フランスに新合弁を設立し、2026年に生産を開始する計画。急成長が見込まれる電気バン市場での地位強化を狙う。

ルノーとボルボはこの日、折半出資での合弁設立に向けた正式な契約を締結した。向こう3年にそれぞれ3億ユーロを投資する。CMA―CGMは、同合弁への参加に向けた趣意書を両社と交わした。参加が確定すれば、運輸部門の脱炭素化に取り組む傘下のパルス(PULSE)基金を通じて1億2,000万ユーロを投資する。新合弁は、規制当局の承認を得た上で2024年初めに設立する計画。

3社は、欧州の電気バン市場が30年までに現在の3倍に拡大するとみている。

ロイター通信によると、ルノーは現在、自社と日産自動車から26年に発売される予定の新型電気バンの開発に取り組んでいるが、この開発を巡っては今年前半、ボルボ傘下の仏ルノー・トラックが参画する可能性があると報じられていた。[環境ニュース]


関連国・地域: フランススウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏領ニューカレドニア、ニッケル産業が苦戦(05/21)

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

スタットクラフト、仏ネオエンの事業買収(05/21)

航空サウディア、エアバスに105機発注(05/21)

村田製作所、RFIDタグで仏社と特許契約(05/21)

パスカル、サウジで量子コンピューター導入(05/21)

化粧品セフォラ、豪で労組と合意せず協定(05/21)

シトロエン、インドネシアでEV税制優遇(05/21)

日立エナジー、洋上風力発電の変換所建設へ(05/20)

失業率、第1四半期は横ばいの7.3%(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン