• 印刷する

英中銀、金利据え置き 15会合ぶり=利上げサイクル終了

英中銀イングランド銀行は21日、20日に開いた金融政策委員会(MPC)で政策金利を5.25%に据え置くことを決めたと発表した。据え置きは2021年11月以来、15会合ぶり。8月のインフレ率が過去1年半で最低を記録したことを受けて、利上げサイクル終了に踏み切った。

議事録によると、金融政策委員9人のうち5人が据え置きを支持。4人は5.5%への利上げを主張した。

中銀は、8月のインフレ率が6.7%に低下し、前回会合時の予想を0.4ポイント下回ったと指摘。今後もエネルギーや食品などの物価上昇率の減速を受け、短期的にはインフレ率がさらに大きく低下すると見込む。ただし、持続的なインフレ圧力が確認されればさらなる金融引き締めも必要だとしている。

中銀のベイリー総裁は、インフレは過去数カ月、減速を続けており、これが続くと考えられると説明。ただし慢心する余地はなく、インフレ率の正常化に向け必要な判断を続けるとしている。

中銀は国内経済について、今年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)成長率が0.1%にとどまるとの見通しを示し、前回予想の0.4%から引き下げた。今年後半の基調的な成長もこれまでの予想より鈍くなると見込んでいる。

量的緩和策で買い入れた英国債については、償還と売却により向こう1年間で1,000億ポンド減らして6,580億ポンドにすることを全会一致で決定した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン