• 印刷する

道路への投資、鉄道上回る 欧州30カ国で1.5兆ユーロ

環境保護団体グリーンピースは19日、欧州諸国の過去30年のインフラ投資は道路が鉄道を大きく上回っているとの調査結果を発表した。自動車の利用を促している格好となり、低炭素化に向けた取り組みに逆行すると警鐘を鳴らしている。

調査は、グリーンピースの委託でドイツの調査機関ブッパータール(Wuppertal)・インスティトゥーテとT3トランスポーテーション・シンク・タンクがまとめたもの。それによると、欧州連合(EU)加盟27カ国にノルウェー、スイス、英国を加えた欧州30カ国が1995~2018年に行ったインフラ投資の総額は、鉄道が約9,300億ユーロだったのに対し、道路は約1兆5,000億ユーロだった。

この結果、30カ国の道路網の総延長は、95年の5万1,494キロメートルから20年には8万2,493キロメートルに拡大。伸びが最も大きかったのはアイルランドで、これにルーマニアとポーランドが続く。また、15カ国ではこの間に道路網の長さが2倍以上になっている。

一方、鉄道網の全長は6.5%縮小。路線の長さでは1万5,650キロメートルに相当し、これに伴い2,582駅が閉鎖された。ただ調査によると、廃止された路線のうち7,300キロメートル相当は比較的容易に営業を再開することが可能という。

なお、期間を18~21年に限ると、道路と鉄道への投資総額の差は縮小する。しかし、鉄道路線の廃止が続く一方で道路や空港は新設が多い傾向は変わっていない。グリーンピースは、鉄道での移動による炭素排出量は自動車より77%少ないと指摘。欧州各国やEUに鉄道インフラへの投資を促進するよう訴えている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国EUスイスノルウェー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン