• 印刷する

ティッセン、グリーン技術部門設立

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは14日、環境技術に特化した脱炭素テクノロジー部門を創設すると発表した。エネルギー転換に向けた取り組みを加速させる狙いで、10月1日から業務を開始する。

新部門の従業員数は約1万5,000人。ベアリング事業ローテエルデ(Rothe Erde)や水素電解装置を手がけるニューセラ(Nucera)、アンモニア事業、セメント事業などが組み込まれる。これら事業の2022年9月期の売上高は合わせて30億ユーロ近くに上る。

新部門の創設により、事業体制は自動車テクノロジー、脱炭素テクノロジー、マテリアル・サービスの3部門と、スピンオフ(事業の分離・独立)を検討中の欧州鉄鋼事業および造船子会社ティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)となる。組織をスリム化することで新技術の開発に注力することが可能になるとしている。

ティッセンは併せて、各部門の財務目標達成を支援するプログラム「APEX」を開始すると発表した。ウクライナ情勢、エネルギー価格や原料価格の高騰、サプライチェーン(供給網)といった問題への対策を講じる計画だ。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン