• 印刷する

ヒートポンプ新設が過去最多 住宅用ソーラーパネルも記録更新

英国で住宅向けの太陽光発電システムとヒートポンプの新設が順調に増えている。背景にはエネルギー価格の上昇があるとみられ、上半期(1~6月)の新設ペースはいずれも過去最高を記録した。小型発電設備などの認証機関MCSが14日発表した。

上半期に設置された住宅用太陽光発電パネルの数は12万枚を超えたほか、ヒートポンプの新設数は1カ月当たり平均3,000台に上る。このままのペースでいけば、再生可能エネルギー設備を備えた住宅の数は、年内に25万軒に達する可能性もある。英国では、小規模な再生可能エネルギー設備の設置容量は合わせて4ギガワットを超えている。

MCSのイアン・リッピン最高経営責任者(CEO)は「エネルギー価格の上昇が続く中で、電力や暖房を自給するために再生可能エネルギーを導入する家庭が増えている」と説明。政府が掲げる2050年までのカーボンニュートラルを実現するには、一般世帯の再生エネ導入をさらに後押ししていく必要があると話した。

政府は、35年までに太陽光発電の総設備容量を70ギガワットに引き上げる計画を打ち出している。また、28年までに年間60万台のヒートポンプを新設する方針で、ガスボイラーからの置き換えに5,000ポンドの補助金を給付している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン