• 印刷する

パイロット労組と賃上げ合意 ルフトハンザ、当面スト回避

ドイツのルフトハンザ航空は10日、パイロット労働組合のコックピット労働組合(VC)と労働協約を巡り合意したと発表した。今後3年半の基本給を、段階的に少なくとも18%引き上げる。これにより、昨夏に大きな混乱をもたらしたパイロットによるストライキが当面は回避された。

VCの組合員は今回、ルフトハンザの提案について投票を行い、65.5%の賛成で承認。報酬に関する協約は少なくとも2026年末まで、労働契約に関する協約は27年末まで有効で、期間中は労働争議を行わないことが義務付けられる。

これにより、ルフトハンザと貨物部門ルフトハンザ・カーゴのパイロット約5,200人の基本給は、今年12月から7%、25年1月から5%、26年1月から5%それぞれ上昇する。これに加え、今年は最大3,000ユーロの一時金が支払われる。また、予定を立てやすいよう月に10日の休暇が保障される。

ルフトハンザは、今回の協約内容は財務面で簡単なことではないが、長期的には堅実な計画を可能にすると説明。運航がさらに安定し、パイロットの給与とワークライフバランスの改善にもつながるとしている。

同社のパイロットは昨年9月、労使交渉の決裂を受け24時間ストを実施。800便以上が欠航となった。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン