• 印刷する

バッテンフォール、英の風力発電計画停止

スウェーデンの電力大手バッテンフォールは20日、英イングランド東部ノーフォーク州沖の洋上風力発電プロジェクト「ノーフォーク・ボレアス(Boreas)」の開発を停止すると発表した。インフレや地政学的リスクを背景に、開発コストが40%程度上昇したため。同州沖で計画する他のプロジェクトも含め、最善の策を検討するとしている。

同社はノーフォーク・ボレアスの現行の開発計画を停止し、差し当たり投資決定を下さないと説明。これに伴い、55億スウェーデンクローナ(5億4,000万ドル)の減損処理を行った。

同プロジェクトの風力発電の設備容量は、1.4ギガワット。同じくノーフォーク州沖でバッテンフォールが計画する「ノーフォーク・バンガード・イースト」および「ノーフォーク・バンガード・ウエスト」と合わせると、設備容量は4.2ギガワットと見込まれる。

バッテンフォールは、インフレ加速や資本コスト増はエネルギー業界全体に影響を与えているが、地政学的状況により風力発電部門とそのサプライチェーン(供給網)は特に脆弱(ぜいじゃく)化していると指摘。資本コストの上昇は、新規洋上風力発電プロジェクトにとって大きな圧力になっているとしている。

ノーフォーク・ボレアスは昨年、電力の市場価格が一定水準を下回った場合に英政府が差額を保証する「差額決済契約(CfD)」の対象となった。今回の停止判断は、炭素排出削減に向け再生可能エネルギーへの投資促進を進める政府にとっても痛手となりそうだ。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国スウェーデン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、トランプ氏銃撃で政治暴力を非難(07/16)

新政権の施政方針、内容発表 35法案盛り込み=AI関連など(07/16)

バーバリー、CEO交代=第1四半期は減収(07/16)

ポスト・オフィスCEO、冤罪事件巡り離任(07/16)

住宅の希望売却価格、7月は0.4%低下(07/16)

アフリカでマラリアワクチン開始=英開発(07/16)

香港CK、ロンドンなどへ重複上場検討(07/16)

印エッサール、英で水素燃料発電所を建設(07/16)

イングランドとウェールズ、人口が大幅増加(07/16)

ユニリーバ、3千人整理へ 欧州全域の事務職が対象(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン