• 印刷する

初の英独送電線が着工 エネ安保向上=28年稼働

英国とドイツを結ぶ初の国際連系送電線プロジェクト「ノイコネクト(NeuConnect)英独連系線」が19日、着工した。投資総額は28億ユーロで、2028年までの稼働開始を見込む。再生可能エネルギー由来の電力の相互融通を可能にすることにより、両国のエネルギー安全保障の向上と電力のグリーン化への貢献が期待されている。

ノイコネクトは、イングランド南東部ケント州とドイツ北西部ウィルヘルムスハーフェン(Wilhelmshaven)を結ぶ超高圧直流連系送電システムを構築し、両国間で電力を融通する世界最大規模の送電事業。設備は主に海底ケーブルと両端の交直変換所で構成され、新設する送電線は総延長が約725キロメートル、送電容量は1.4ギガワットとなる見通し。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧州がロシアのパイプライン・ガスに代わるものを求めている中、エネルギー安全保障を強化する。

同プロジェクトは、仏インフラ投資会社メリディアン(Meridiam)と独保険大手アリアンツ傘下のアリアンツ・キャピタル・パートナーズ(ACP)、関西電力、東京電力パワーグリッドが出資するノイコネクトブリテンが開発。英国のインフラストラクチャー銀行や欧州投資銀行(EIB)、国際協力銀行(JBIC)など20社超の金融機関から成るコンソーシアムが資金を提供している。[環境ニュース][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン