• 印刷する

独、水素パイプライン網整備へ 炭素排出削減で=草案公表

ドイツ政府は12日、水素パイプライン網敷設計画の草案を公表した。国内各地の工業地帯に水素を供給し、炭素排出量を削減する狙い。7月28日まで意見公募を実施した上で、最終案を策定する。

この草案は、送ガス系統事業者の業界団体FNBガスが作成したもの。総延長1万1,200キロメートルのパイプラインで、西部ライン川流域や東部、南部の工業地帯と水素の生産・貯蔵施設や輸入拠点を接続するとしている。特に、鉄鋼、セメント、ガラスなどのメーカーが集中する西部に重点が置かれている。

この計画では、309件の水素生産プロジェクトが水素供給源として考慮されており、これにアンモニアとして輸入される水素を加えて、87ギガワット相当の水素を供給するとしている。

経済・気候保護省は、今回の草案公表が水素経済の確立に向けた「スタートの合図」になるとしている。ドイツは2045年までに炭素排出量を実質ゼロ化することを目指しており、水素の活用をその重要な手段とみなしている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン