• 印刷する

インフレ率、5.5%に減速 食品価格の上昇緩和=ユーロ圏

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは6月30日、6月のユーロ圏20カ国の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月比5.5%上昇したと発表した。伸びは5月の6.1%から減速。エネルギー価格の低下に加え、食品価格の上昇ペースが緩やかになったことが影響した。

6月は食品・アルコール飲料・たばこが11.7%上昇。エネルギーを除く工業製品は5.5%値上がりし、サービスは5.4%のプラスだった。半面、エネルギーは5.6%低下した。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は5.4%と、前月から0.1ポイント上がった。

欧州中央銀行(ECB)は6月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を0.25ポイント引き上げ、4%とした。中銀預入金利も0.25ポイント引き上げ、3.5%としている。ユーロ圏が2四半期連続でマイナス成長となりリセッション(景気後退)入りする中、インフレ対策を優先する。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

ポーランド、EV購入に大規模助成=中古も(05/22)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

ICC、イスラエル首相ら5人に逮捕状(05/22)

三井住友FL、エアバス製ヘリ16機購入契約(05/22)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字拡大(05/22)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.1%増加(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン