• 印刷する

独に量子データセンター IBM、24年の開設予定=欧州初

米国のコンピューター大手IBMは6日、ドイツ南西部バーデン・ビュルテンベルク州エーニンゲン(Ehningen)に欧州初の量子データセンターを設置する計画を発表した。2024年の開設を予定する。

このデータセンターは、エーニンゲンにあるIBMの既存拠点内に設置される。100量子ビットを超えるプロセッサーを搭載した複数のコンピューターシステムを備え、欧州のクラウドリージョンとして機能。クラウド経由で量子コンピューティング技術を提供する。全ての情報処理を欧州連合(EU)域内で行うため、顧客は引き続き欧州のデータ規制を順守できるという。

IBMは、「欧州には世界をけん引する量子コンピューターの利用者がおり、実用規模の量子プロセッサー時代になって関心は高まるばかりだ」とコメント。データセンターとクラウドリージョンにより、欧州で利用者の選択肢が広がるとしている。

エーニンゲンでは21年、欧州初の量子コンピューター「Qシステム・ワン」が稼働を開始。ドイツの国立研究開発機関フラウンホーファー研究機構の依頼で、IBMが構築した。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン