• 印刷する

再生エネに400億ポンド SSE、超過利潤を設備投資に

英国の電力大手SSEは24日、向こう10年で再生可能エネルギーへの設備投資に最大400億ポンドを投じると発表した。電気・ガス価格の高騰でふくらんだ利益を積極的に投資に回す。

SSEは2031/32年度までに一連の投資を行い、27年までの5年間では180億ポンドを投じる計画。昨年度の投資額は28億ポンドと過去最高水準だった。

投資計画では、再生可能エネルギー発電の展開や英国内での輸送・接続ネットワークインフラの整備、バックアップ電源の導入を強化する。これにより毎年1,000人以上の新規雇用創出を見込む。

SSEのアリスター・フィリップス・デービス最高経営責任者(CEO)は「毎日約1,000万ポンドという英国がこれまでに経験したことのない大規模なクリーンエネルギー投資プログラムになる」と強調した。

■通期は89%増益

SSEはこの日、23年3月期の税引き前利益(特別損益除く)が21億8,360万ポンドとなり、前期比89%増加したと発表した。

営業利益(特別損益除く)は65%増の25億2,920万ポンド。1株当たり利益(EPS)は166ペンスと75%増加し、予想を上回った。

SSEは今期について、EPSが150ペンス以上になると予測している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン