仏カルフール、子宮内膜症などに有給休暇

フランスの小売大手カルフールは19日、子宮内膜症を理由にした有給休暇を認めると発表した。診断書を提出すれば、年12日間の有給を付与する。 子宮内膜症は子宮内膜やそれに似た組織が子宮外で増殖と剥離を繰り返す疾患で、生理痛の悪化や不妊などを引き起こす可能性がある。世界…

関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マクロン氏、ドイツ国賓訪問 欧州議会選に向け両国の結束強調(05/28)

中部リヨン、地下鉄で刃物襲撃=4人負傷(05/28)

仏大統領、ニューカレドニア到着=沈静化へ(05/24)

光学機器エクソセンス、パリでIPO実施へ(05/24)

ラガルデール、パリマッチをLVMHに売却(05/24)

フランス24放送中断、従業員が合併案に抗議(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン