• 印刷する

EU、経済的威圧に対抗へ 貿易制限へ報復可能に=米中念頭

欧州議会と欧州連合(EU)理事会は28日、EU域外国からの経済的威圧に対抗する反威圧措置を巡り暫定合意した。中国や米国を念頭に置いたもので、貿易の制限などに対する報復措置を可能とする。

この措置は欧州委員会が2021年12月、EUに政策変更を迫る圧力として貿易や投資に制限を課す域外国への対抗手段として提案したもの。欧州議会とEU理事会は今回、抑止力を強化する法案の改正で合意した。

反威圧措置には、輸出入やサービス、公的調達の制限、関税引き上げなどが含まれる。欧州委が経済的威圧に該当するかの調査・判断を行い、特定多数決方式で加盟国の同意を得た上で措置決定の手続きに移る。

調査開始から対抗策導入までのタイムラインは最長1年だという。今年後半に発効する見通しで、新たな経済的威圧への対抗が想定されているが、過去の事例に適用される可能性もあるという。

同措置についてのEUの報告書では、中国や米国のトランプ前政権、トルコによる貿易の政治利用について言及されている。欧州委は22年1月、中国がリトアニア製品の輸入に差別的な制限を課しているとして世界貿易機関(WTO)に提訴したが、解決には至っていない。リトアニアでは21年11月、台湾の事実上の大使館が開設された。これを受け中国は同年12月にリトアニアとの貿易を事実上禁じたとされる。[EU規制]


関連国・地域: EUアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン