• 印刷する

エネルギー当局、光熱費の価格上限引き下げ

英国のエネルギー業界の監督機関Ofgemは27日、電力・ガス料金の価格上限を引き下げると発表した。標準的な世帯の場合、現行の年間4,279ポンドから3,280ポンドとなる。対象期間は4月1日~6月30日だが、4月からエネルギー価格高騰に対する政府支援策が縮小するため、消費者の負担は逆に増えることが見込まれる。

Ofgemは引き下げについて、エネルギーの購入・供給コストが大幅に下がったことを反映したものと説明。卸売価格が引き続き低下すれば、夏には再び価格上限が下がり、請求額も大きく下がる可能性があると指摘する。ただ同時に、価格がエネルギー危機以前の水準に戻ることはないとの見方を示した。

光熱費を巡っては、政府の支援策により標準的な世帯の支払額は最大で年間2,500ポンドとなっているが、4月にはこれが3,000ポンドに引き上げられる。また、全世帯を対象とした一律400ポンドの光熱費補助も3月で終了する予定だ。Ofgemは今回、「卸売価格は下がっているが、価格上限は政府が設定する光熱費の上限を下回っていないため、4月に請求額が再び上昇することになる」と述べている。

なお、Ofgemは5月26日に次回の価格上限の見直しを発表する。


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン