• 印刷する

米、露に追加制裁=侵攻1年 ウクライナに20億ドル軍事支援

米ホワイトハウスは、ロシアのウクライナ侵攻から1年となる24日、ロシアに対する追加制裁を発表した。制裁逃れに絡む企業への輸出制限や、特定のロシア製品に対する関税引き上げを含む。併せて、ウクライナに20億ドルの追加軍事支援を行うと明らかにした。

米国は今回、ロシアの軍事行動を支える200以上の個人・団体に新たに制裁を科した。ロシアの金融機関や高官に加え、欧州やアジア、中東の第三国の個人・団体も対象に含まれるという。

また、輸出制限措置として、ロシアや中国などの90社弱を対象に指定。ロシアの軍事産業を巡り制裁逃れや穴埋めに関わる企業に、米国製の半導体を含む特定の製品の販売を禁止する。

さらに、米国に輸入される特定のロシア製品に対する関税を引き上げる。総額28億ドル相当に及ぶ、金属や鉱物、化学品を含む100品目の製品が対象となる。また、産業機械やぜいたく品への対応について主要7カ国(G7)と足並みをそろえるほか、イラン製ドローン(小型無人機)の構成部品に制約を加える。

ウクライナへの追加軍事支援では、無人航空機システム(UAS)や対UAS、電子戦装置、高機動ロケット砲システム用の弾薬などを供与する方針。エネルギーインフラ支援では、送電網機器の追加提供の準備を進めているほか、送電網強化に向けた最大2億5,000万ドルの追加支援を計画している。


関連国・地域: ロシアウクライナ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

露中首脳、連携強化を確認=共同声明署名(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

プーチン大統領、中国訪問=16~17日(05/15)

米国務長官がキーウ訪問=支援継続を確認(05/15)

スペイン新興企業、仏に低炭素肥料工場(05/15)

【ロシアはこう読め】ロシアの経済重力圏を脱するモルドバ(05/15)

プーチン大統領、ショイグ国防相を交代(05/14)

ミシュスチン首相続投=プーチン氏が要請(05/13)

ライファイゼン銀、露関連企業への出資断念(05/10)

プーチン氏「戦略部隊は常に戦闘準備」(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン