• 印刷する

ユーロ圏経済、今年0.9%拡大 リセッション回避へ=欧州委

欧州委員会は13日発表した冬季経済見通しで、今年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)が前年比0.9%拡大するとの予測を示した。エネルギー危機が緩和される中、今冬に予想されていたリセッション(景気後退)入りを辛うじて回避すると見込み、昨年11月の秋季見通しから0.6ポイント上方修正。インフレ率の見通しは引き下げた。

欧州委は、ガスの貯蔵量が過去数年の平均を上回り、卸売価格がウクライナ危機前の水準を下回っていることに加え、労働市場が好調を保つなど、前回見通し以降に状況が好転したと説明。予想されていた2022年第4四半期(10~12月)の経済縮小が回避されたほか、23年第1四半期の縮小も避けられる見通しだという。

来年の成長率については1.5%と、前回予測を維持した。欧州連合(EU)加盟27カ国のGDPは、23年に0.8%拡大し、24年は1.6%増えるとみる。

今年の成長率見通しを国別に見ると、ドイツは0.2%と、秋季見通しのマイナス0.6%から大きく上方修正。フランスは0.2ポイント引き上げ0.6%とした。イタリアも0.5ポイント上方修正し、0.8%を見込む。スペインは0.4ポイント引き上げ、1.4%とした。

ユーロ圏のインフレ率については、昨年の8.4%から今年は5.6%に減速すると予想。前回予測から0.5ポイント下方修正した。来年は2.5%への減速を見込む。EU全体の今年のインフレ率は6.4%、来年は2.8%とそれぞれ予想している。

欧州委は、インフレ率は昨年10月を境に鈍化しているが、エネルギーや食品を除いたコアインフレ率はピークに達していないと指摘。エネルギー高騰による消費者や企業の苦境は続いているほか、インフレ圧力を受けた金融引き締めの継続が事業や投資を妨げると予想し、依然として逆風は強いと警鐘を鳴らしている。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン