• 印刷する

ABB、電力変換部門を売却 台湾アクベルと5億ドルで合意

スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABBは20日、米国を拠点とするパワーコンバージョン部門について、台湾の電源ユニットメーカー、康舒科技(アクベル・ポリテック)に売却することで合意したと発表した。売却額は5億500万ドルで、取引は今年後半に完了する見通し。

ABBは、同部門は自社にとって非中核事業だと説明。今回の売却で、2020年末に発表した事業ポートフォリオ縮小計画が完了するとしている。

18年、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)のインダストリアル・ソリューションズ部門(GEIS)を買収し、この一環としてパワーコンバージョン部門を取得した。同部門は米テキサス州プレイノ(Plano)に本拠を置き、世界で1,500人を雇用。北米市場に焦点を当てて電力変換事業を展開し、22年の売上高は約4億4,000万ドル、営業利益は約5,000万ドルだった。

ABBは20年、事業ポートフォリオ縮小に向けた分離・売却計画を発表。この一環として、メカニカルパワートランスミッション部門ドッジ(Dodge)を売却したほか、ターボチャージャー部門アクセレロン(Accelleron)・テクノロジーズをスピンオフ(事業の分離・独立)した。


関連国・地域: スウェーデンスイスアジア米国
関連業種: 電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

高級ブランドのリシュモン、CEO職復活(05/20)

武田、認知症薬でスイス社とライセンス契約(05/14)

ABB、ポーランドのモーター工場閉鎖へ(05/14)

独eVTOLリリウム、仏に新拠点設置(05/14)

スポーツブランドOn、香港に旗艦店(05/10)

クライムワークス、巨大CO2回収施設新設(05/10)

金融UBS、第1四半期は71%増益(05/08)

電子計測器LEM、マレーシアで工場開所(05/07)

ノバルティス、米放射性医薬品企業を買収(05/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン